君の名は。
0

    やっと見ました。

    流石話題作。TSUTAYAでは在庫ゼロ。

    ゲオで店員が棚に戻す瞬間を偶然捕まえて、

    ようやくレンタルできた次第です。

     

    「さすが、空前のヒット作!お見事!」

    …なんて感想を書く訳ではありません。

     

    「君の名は。」大ファンを自認する方は、

    以降、あんまり本気で読まないで頂きたい。

    気分を害されたら申し訳ないので、、、

     

    逆の立場で考えて、自分の大好きな作品に

    ケチ付けて、否定的な見解を述べられたら

    面白くないでしょうから…。

     

    かつ、ネタバレ全快です。ご注意下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「途中まで食い付いたけど、最後はガッカリ」

    というのが、ぶっちゃけ正直な感想。

    惜しい。盛り下がった感が否めない。

     

    矛盾点がどうとか考察する気はありません。

    散々、他のサイトで指摘されているからです。

    フワフワした設定が多いのも確かですが、

    そこはまだ個人的には許容範囲内。

     

    私が残念に思ったのは、下記のポイント。

    1.三葉本人が親父を説得するシーンを省略

    2.ラストエピソードの間延びと唐突さ

     

    1は、もう少し丁寧に描いて欲しかった所。

    舞台背景における「家族の絆」、とりわけ

    娘三葉と父町長の「確執の行方」については、

    恋愛の行方同様に、重要な要素である筈です。

     

    終盤、口噛み酒を飲んで入れ替えが起きる中、

    三葉の記憶を瀧が追体験するシーン。

    「父親」の人間らしい一面が垣間見えます。

    劇中触れられなかった「母親」の存在と併せて

    ストーリーに深みを持たせる好演出です。

     

    まあ…そこを踏まえて、父を説得できたか否か

    「あえて描かんでも分かるでしょう、皆さん」

    と、言うことなのかもしれませんが。

    父娘の言葉のやり取りは見せて欲しいなあと。

     

    その点がどこか似ています、宮崎駿作品に。

     

    「紅の豚」で、ポルコは最後どうなったのか。

    みたいな、敢えて観客の想像に委ねる所。

     

    2に関しては、良く言えば余韻を残したのか。

    二人の出逢い、彗星落下回避作戦など、

    良い感じに盛り上がるクライマックスの後。

     

    土壇場を過ぎて…日常風景に戻る。

    時は流れて…二人の記憶も薄れて…

    就職活動、糸守メンバーの成長した姿、

    歩道橋、電車、そして階段。

     

    描写は丁寧で、流れ的にも美しい構成。

    だが、それらが気持ち良くリンクしてこない。

    なるほど、ああそうか、こう繋がるのか、

    というスッキリ感を得ることが出来ない。

     

    なんか、唐突な気がするのです。

    なんか、ハッピーエンドぽくて良かったけど。

     

    これまた近時の宮崎駿作品を想起させます。

    「千と千尋の神隠し」、「崖の上のポニョ」、

    賞賛される名作であることは否定しません。

    ただ、ラストがどうも唐突に感じる。

     

    宮崎監督なども、相当深い構想の上で、

    ああいう風に誂えているんでしょうけど。

    なんかこう、もやっと感があるのです。

     

    大作として昇華する為の一つの手段は、

    多くを語らない、間接表現なのだろうか。

     

    前作「星を追う子ども」にて、新海監督が

    ジブリっぽさを試験導入したのは明らかです。

    今作も、計算してそれを狙ったのではと邪推。

     

    語りたいことを随所に忍ばせて、

    皆がそれを様々に解釈して人に語る。

    話題になり、注目が集まる。

     

    ここで、私がつらつら述べている時点で、

    実は術中にはまっているのかも…。

     

    とまあ、否定的見解を述べました。

     

    比較対象になるかどうか、わかりませんが

    「シュタインズゲート」(アニメ)

    「インターステラー」(実写映画)

    などの方が、ストーリー構成は上かと…。

     

    ただ、今作が云々というのをさておき、

    「新海誠監督」メジャーデビューは喜ばしい。

    かつて「ほしのこえ」には驚かされました。

    あんなクオリティを一人で生み出すのかと。

     

    まさか、世間で「第二の宮崎駿」

    とまで言われる日が来るとは…すごいです。

     

    君の名は。から遡ること14年前。

     

     

    ゲームの内容は一般層向けではないようです。

     

    新海監督関与はオープニングとムービーのみ。

    何かのきっかけで、当時この映像に触れて

    氏のセンスに強く憧れたのを覚えています。

     

    もちろん私は何の縁もゆかりもありませんが、

    新海誠監督の更なるご活躍を祈ります。

    『GODZILLA ゴジラ』(2014)
    0
      JUGEMテーマ:映画


      やっとレンタル出来るようになったので早速見ました。
      子どもの頃から東宝版を見まくったプチゴジラファンです。

      前評判が良い事もあり、大きな期待を抱いて観賞。
      確かに、ちゃんとしたゴジラ映画でした。
      ビックリするくらい真面目にリスペクトしてあります。

      ちなみに、他のハリウッド映画によく見られる
      トンデモ日本(他のアジア諸国とまぜこぜ等々)の描写は
      かなり抑えられていました。日本の場面は日本らしさがある。

      単なる「怪獣パニック映画」として描かなかった点で、
      ローランドエメリッヒ版(1998)との差が出たという事か。。。
      当時、弟と映画館に見に行ったのを覚えています。
      それなりに楽しく見てたような記憶有り。

      前作ハリウッド版の批評は、真のゴジラファンに譲りますが…
      まあ、あちらのガッジィーラは弱過ぎますね。
      ミサイル何発か撃ち込まれて終わりというのはちょっと…
      後、卵を産むというのもゴジラらしくない。

      今回のゴジラは、見た目や存在感がかなりオリジナルに近い。
      それに「人間の敵」という訳では無いのです。
      実際に登場するまで、かなり焦らされますが。(笑)

      「原発」「汚染区域からの退去」「津波」等々
      しばらく日本自国ではエンターテイメントとして扱いづらいテーマを
      きっちり映像化してくれています。
      シリアスかつダークに描かれているので、嫌味には感じません。

      つらつら書きましたが、ゴジラファンは一見に値する作品でしょう。

      一方で、米軍vsゴジラのドンパチなどの派手なバトルを想像する人には
      期待外れかもしれません。人間ドラマが主軸です。

      ただ…、最後の方で、どうしようもないマイナスのシーンがあります。
      ほとんどの日本人が突っ込みたくなる矛盾点。

      ※以下、ネタバレ含みます。




















      核爆弾の爆発リミット間近で意識を失い、ヘリに救われて、
      現場からまさに脱出しようとする所で「ピカー」とか、、、
      相変わらず、ハリウッドは核の威力を舐め過ぎ。

      ほとんどの日本人が突っ込む所でしょう。

      冒頭から核実験のシーンを見せたり、メガトン級の核ミサイルの
      威力を誇示するシーンがあったり、「ヒロシマ」の話を持ち出したり
      「あー、これは制作側よく分かってるな」と思わせつつ、
      結局「トゥルーライズ」の感覚から抜け切れていないのが残念。

      このシーンさえ無ければなぁ。。。
      リメイク版のび太の大魔境の所感
      0
        JUGEMテーマ:漫画/アニメ

        先日ゲオでレンタルしてきました。
        横に連れていた子どもさんが見るんだな…と
        思われただろうが、違う!大人が見るのだ。

        ※3歳の娘はまだアンパンマンに夢中で、
        「ドラえもん」というキャラは認識しているものの
        内容を楽しめる所までは辿り着いていません。

        子どもの頃、ドラえもんで育った人間として、
        私は、尊敬する人物「藤子・F・不二雄先生」を
        公言して憚りません。

        とりわけドラえもん映画(大長編ドラえもん)の
        影響は極めて大きいものがありました。
        シリーズ初期の大冒険は知的好奇心をくすぐられるもので
        今でも大人の鑑賞に十分耐え得ると強く思います。

        以下、ストーリーそのものの説明は割愛して…
        個人的な感想を率直に述べます。

        --------------------------------------------------------------

        声優一新後のリメイク作品としては第5弾となりますが、
        これまで「のび太の恐竜2006」以外のリメイクは
        微妙だったかなと、個人的に思っています。
        (宇宙開拓使は未見なので除きます)

        リメイク版恐竜は、声優変更後の第2期1作目という事で
        怖いもの見たさ半分でしたが、素直に感動出来る良作でした。
        最後の展開はオリジナルと異なるものでしたが、
        (恐竜時代から現代に戻る時、タイムパトロールの
         助けを借りず、自分達の力で戻ろうとする)
        これは不自然な感じは無く上手い改変だったと言えます。

        一方、新魔界大冒険、鉄人兵団に関しては
        どうしても「これじゃない」という違和感が強い。

        2作品とも、お話そのものが結構シリアスなんですが、
        リメイク版は、どうしても全体のタッチが明るめで、
        シリアスに徹していた旧作との違いは歴然です。
        「今の時代・子どもに合わせたもの」という観点で
        受け入れやすい雰囲気にしたのでしょうが、、、
        それでいて、お涙頂戴の感動シーンを強調するのは
        何か安っぽく、どうも入り込めない感じでした。

        更には、新作オリジナルキャラを突っ込んだり、
        ストーリーの流れを大きく弄ったり。ここら辺も、
        おそらく旧作ファンの不興を買っているのではないかと。

        ここで…話を戻して大魔境ですが、

        旧作は、個人的にシリーズ1、2位を争う好きな作品で、
        リメイクの出来にがっかりしたくはないと思っていました。

        冒険の舞台は、南アフリカのコンゴ盆地奥深くにある
        スモーカーズフォレスト。常に上空が雲が覆われて
        通常の衛星写真では発見出来ないという設定。
        (これを劇中で出木杉がもっともらしく語るので、当時は
         本当にこういう地域があるものだと信じ込んでいました)
        全人未踏の地への大冒険を求めるジャイアンの発案で
        いつものメンバー+犬一匹が旅立つストーリー。

        ※以下、ネタバレを含みます。


        ストーリー構成としては、
        ジャングル→サバンナ→高山→大峡谷という、おそらくは
        現実世界でも実在するであろうエリアを旅する前半部分と、
        目的地(犬の王国)に到着してからの後半部分に分かれます。

        前半はコミカルなイベントを織り交ぜつつ長い旅路を進めて、
        後半で物語の核心に迫って、ガラッと雰囲気が変わります。

        これは旧作を振り返っての感想ですが、
        細かい山場を何度も挿入する為、実際の尺以上に長く感じます。
        好意的に見れば、見ている側も冒険気分を味わえる実感作りに
        役立っていると言えますが、
        人によっては長ったらしいと感じるでしょう。

        この辺りは、リメイクで調整されるんだろうなと思ってました。
        テンポ良く進めることにこだわって、不要と思われるシーンを
        バサッと切り捨てる編集は、リメイクにありがちです。

        しかしながら、そんな想像を裏切って
        今回のリメイクは極めて旧作に忠実です。

        魔境を見つけるまでのシークエンス、それから
        どこでもドアを失って帰還不能に陥るまでの冒険シーン、
        何れも旧作に沿った丁寧な展開で、ほぼ改変はありません。
        細かいセリフの言い回しまでそのままで、
        まるで旧作を見返しているような懐かしさを覚えました。

        それでは、王国に入ってからの後半部分はどうか。
        こちらは、旧作でさらっと流していた物語の背景を
        補うような説明描写が付け加えられています。
        (改変はごく僅かで嫌みもなく、好感が持てます)

        バウワンコ古代兵器の「火を吐く車」や「空飛ぶ船」も、
        ちゃんと旧作を踏襲したものでした。
        最新CGを活用してデザインは一新されていますが、
        それはそれで古臭さが取り払われて良かったかも。
        王国の「科学技術が衰退した」事がきちんと説明された為
        「こんなショボイ兵器で世界征服を狙うんかいっ!」
        という旧作のツッコミどころも大分薄まっています。

        ゲストキャラクターのペコ(犬の王子)は
        人(?)物像がより深まって感情移入しやすくなっています。
        そもそも、「リトルスターウォーズ」もそうでしたが
        悪徳大臣にあっさり国を乗っ取られるというのは
        よくよく考えたら情けない話です。

        その点、本作でダブランダーが最後追い詰められる時に、
        国民から非難を浴びるシーンを新たに付け加えたのは
        「リトルスターウォーズ」のラストを想起する流れで
        これはアリだなと思いました。

        いやいや、旧作ファンとして納得いく出来栄えで満足。

        「たかがドラえもん、されどドラえもん」

        このストーリーが現代っ子の目にどう映って、
        何を思うのか、気になる所です。
        娘がもう少し大きくなってストーリーを理解出来るように
        なった時に、感想を聞いてみたいと思います。
        アウトラン2の思い出
        0
          JUGEMテーマ:ゲーム

          8月下旬、嫁子どもが実家に帰省していた間、暇を持て余し
          たまたまAmazonで見付けて、ポチってしまいました。

          ※別にアフィリエイトで儲けようという腹は無いので
          あえてリンクをクリックしていただく必要はありません。

          たまたま思い出して、懐かしさに負けて衝動買い。

          『OutRun 2006 Coast 2 Coast』というのは、
          家庭用ゲームソフト及びPCソフトとして移植されたもので、
          元になっているのは、アーケードゲームの「アウトラン2」です。

          アウトラン2(OutRun2)というドライブゲームが
          ゲームセンターに置かれたのは、もう10年以上も前の事。

          「2」と呼ばれるからには、初代がある訳ですが、
          1986年に登場した初代アウトランは、ドライブゲームの
          金字塔と言われる、セガ制作の伝説的なゲームです。
          ゲーム性のみならず、「Magical Sound Shower」を
          始めとするゲームBGMが、非常に秀逸。
          ゲームミュージックの歴史に残るとまで言われています。

          そんな名作の続編とはつゆ知らず。
          大学時代によく行ってたゲーセンでプレイして、どはまり。

          内容は「跳馬・美女・絶景」というキャッチコピー通り。
          実在車種のフェラーリに乗って、隣にはキャーキャー騒ぐ女性。
          世界各地の観光名所を模したステージをドリフトで駆け抜ける…
          時代にそぐわぬバブリー感満載のゲームです。

          このゲームの特長は、気持ち良くドライブが楽しめる所。

          リアル志向派から言えば非難されるくらい、嘘っぽい挙動。
          フェラーリが有り得ないくらい簡単にドリフトします。
          説明不要な有名ドライブゲーム「頭文字D」と比べて
          基本操作は簡単です。

          加えて「ハートアタックモード」が面白い。
          バカっぽさが最高です。

          画面でドライバーの隣に座ってるCG美女が
          走行中に「ドリフトして!」「車を追い抜いて!」などの
          要求を次々と出して、クリアすることを求められます。

          成功すると、画面内の女性がキャーキャーと騒いで
          失敗すると、文句を言いながら首を絞めてきますw
          達成度合いが都度ランク付け(AAA〜E)される仕組み。

          「前の車にぶつけて!」「隕石をよけて!」など
          ギャグみたいな無茶振りがあるのはご愛嬌w

          1ステージの終わり毎にコースが二つに分岐していて
          左がEasy、右がHardという形で、ステージ進行が変化します。
          ゲーセンでやってた当時は、毎回違うゴールを目指して
          ランキングの上位を独占していました。

          なんて…言えばかっこいいんですが、逆にそれだけ
          プレイ人口が少なかった事の裏返しでもあります。
          実際「頭文字D」に比べれば、かなりマイナーです。

          ゲーム音楽は、初代のリメイク曲から本作オリジナル曲まで
          ドライブにぴったりの気持ち良い音楽が勢揃い。
          CDサントラを買って、未だに実際の運転中に聴いているぐらい。

          とまあ、私にとって非常に思い入れの強いゲームです。

          これのパソコン版が出ている事は以前から知っていましたが
          まず、日本の会社が出したゲームなのに輸入版のみ。
          (一説では、登場するフェラーリの権利関係に因るものとか)
          それに、アーケードでハンドル・シフトレバーで操作するのと
          パソコンの前でコントローラで操作するのは大きな差があります。

          当時の懐かしさが満たされるくらいのものか…。
          衝動買いしたものの、期待外れに終わる不安もありましたが、
          結論として、十分楽しめました!

          コントローラー操作の違和感は、ボタン設定を変えたり
          プレイを繰り返したりする内に、すぐに解消。

          海外版だけあって、文字は英語表記を読むことになりますが
          元よりストーリー性も無いので、そんな問題にはなりません。

          OutRun「2006」というタイトルで今更感はあるものの
          何年振りかに買ったゲームソフトは満足のいくものでした。
          ストレス解消に使えそうです。

          なお、WindowsXP対応となっていますが、
          当方8.1の環境でも問題なく動作しています。
          金田一少年の事件簿
          0
            復活したドラマとアニメ両方とも最終話を迎えてしまいましたね。
            連載復活している漫画版は、単行本を買い進めています。

            ドラマの方は、初代の堂本剛版を意識した原点回帰という感じで…
            懐かしかったなぁ。特にBGMがそのまま復活した点が良かったです。

            初代をリアルタイムで見ていたのは小学校高学年の頃。
            当時かなり流行っていて、クラスで話題になったのを覚えています。

            後番組で光一が主演した「銀狼怪奇ファイル」も同様。
            「俺に不可能はない!」って、スキー合宿中の出し物で
            物まねやってた友達も居たなあ…。
            この時期のドラマは、木曜の怪談「MMR」や「タイムキーパーズ」とか
            やたらと記憶に残っているものが多い気がする。。。

            金田一に話を戻すと、二代目の松潤版もありましたね。
            金田一のキャラ設定が原作と違い過ぎて、あれは最後まで違和感があった。
            ちなみに三代目の亀梨版は見ていませんが、更にかけ離れてたらしい…

            「Hey!Say!JUMP」というグループの事は正直よく知りませんが
            四代目の山田版は、原作や初代を知る人間としては
            割と近いイメージで受け入れやすかったと思います。
            コミカルの演出はちょっとくどかった所もありますが…。
            同一メンバーでの続編に期待してしまいます。

            まあ、そんなこんなで、

            メディアミックス戦略にまんまとはまり、懐かしさも相まって
            色々気になってしまい、昔の単行本まで引っ張り出してしまった訳です。

            しかしそこで…名作「金田一少年の決死行」の初版年を見て、ぞっとした。

            2001年?!

            読んでいたのはそんな昔じゃないと思い込んでいましたが、
            高校生時代か…。そりゃ歳も取る訳だ。

            金田一は永遠に高校二年生の「少年」なのになぁ…。
            CALENDAR
            SMTWTFS
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>
            ENTRY(latest 5)
            ARCHIVES
            CATEGORY
            COMMENT
            TRACKBACK
            PROFILE
            MOBILE
            qrcode
            LINK
            無料ブログ作成サービス JUGEM

            (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.