近況 2014年1月
0
    今この瞬間は、だるい研修を終えて帰宅途中。

    2014年がスタートして早一ヶ月。

    目先の大きなイベントは、岩手在住の友人の結婚式。
    まだ今年度の連続休暇を取得していない為、
    結婚式を挟む形で休みを取り、兵庫と岩手を車で往復、
    道中にあちこちに立ち寄る計画を立てました。

    さて気持ちよく休みに入るべく、手元の案件を早く消化しようと
    意気込んでいるものの…なかなか思うように進まず。

    …時間が欲しい。

    ニッパチは一般的に余裕ある時期と見なされてるけど
    研修やらノー残業デーやら勘弁して欲しい。
    まあ、自分の要領の悪さを恨むべきなのかもしれませんが。。。

    家庭の事もちゃんと考えなアカン時期やし、
    色々バランスを取るのは本当に難しい。

    悩めます。
    命さえあれば。
    0
      凄く悲しい出来事がありました。

      祭で獅子舞を一緒にやった仲間が
      自ら命を絶ちました。

      あまりにショックな出来事で
      気持ちを落ち着かせるのに苦労した。
      ホンマ訳がわからなかった。

      その子は弟の友達でもあり、
      小さい頃、ウチに何度も遊びに来ている。

      今回の祭で十何年か振りに会って、
      始めは情けないことに誰かわからず。

      飲み会で向こうから話し掛けられて、やっと思い出し、
      昔話で盛り上がって、楽しく話せた。

      彼は大学を卒業して地元に残っていたものの
      就職に失敗して無職だと話していた。

      「ウチの弟もリーマン不況で就職に失敗して、今は大学院に通ってる。
      なかなか上手いこと行かんわなぁ。」
      なんて、その時は軽い気持ちで話を合わせた。

      なんでもっと掘り下げて聞いてあげれなかったんやろう。
      後には後悔しか残らない。

      昨日、やっとの思いでお悔やみに出向いたけど
      親御さんの悲しみに触れて本当に落ち込んだ。

      祭が終わってから十日後。
      責任感が強かったんやろう。
      最後やり遂げるまでは、という思いで
      堪えていたのかもしれない。

      遺影は祭のハッピ姿だった。
      つい二週間前の打ち上げで、またね!と声を掛けた時
      笑顔で返してくれたのが最後になってしまった。

      残された人間は一生自責の念を捨てされない。

      みんな、どうか親から貰った命は大切にして下さい。
      ローマの休日
      0
        心が洗われて爽やかな気持ちになる。

        頭から通しで見たのは二度目だけど
        ホンマぐいぐい引き込まれる。

        親世代が生まれた頃に撮られた年代物だけど
        全く色褪せない魅力は流石だと思う。

        無言の中、オードリーが表情の変化だけで
        演じているシーンは、息を呑んでしまう。

        前回見た時の記憶を辿って、
        (次こんな台詞だったかなー)
        と思ってたら、実は台詞無しのシーン。

        脳内に勝手な台詞が刻まれるほど
        ビシビシ情感が伝わってくる所が、凄い!!

        …上手く素晴らしさを伝えられないけど
        まだ見た事無い人は、騙されたと思って是非!

        この映画を知った後にローマを訪れる機会を得られて、
        本当に幸運だったと思う。
        (一年前の新婚旅行)

        「ここがアン王女が飛び込んだ川ですよ」って
        ガイドの説明聞いて、一人盛り上がってた。
        (嫁さんは映画の内容知らず…)

        この映画見ていると、イタリアに飛びたくなる。

        ホンマ今からでも高飛びしたい。(-.-;)
        愚痴です(※閲覧注意)
        0
          大きな壁にぶちあたっている。

          理想とのギャップなんてのは、
          どんな世界でも必ずあるんやろうけど…

          職場環境が悪くて志気が下がるとか
          ホンマ最悪の状況。

          非協力的な姿勢が垣間見えた瞬間、

          「やる気ないんなら○△×□!!!」

          と、ブチ切れそうになってしまう。

          仕事なんて、しんどくて当たり前。
          みんなそれぞれ大変な状況で
          頑張っているはずなのに。。。

          この怒り、どこにぶつけるべきか、

          めっちゃ悩んで、

          仕方なくブログで書きなぐってみた。

          なんだかんだ、自分が突然暴発しても
          冷ややかな目線を浴びるだけで
          終わってしまいそうな気がする。

          まぁとにかく元凶は仕事。

          幸せな家庭生活との落差が半端ない。

          しょっちゅう愚痴っぽくなるけど、
          嫁さんが優し過ぎるから、
          あまり心配を掛けたくない。

          ノロケと言われるかもしれんけど、
          これまで迷惑を掛けてきて、助けられた事ばかり。
          ホンマ申し訳なく思う。

          ただこの不況下で、家族を養うには、
          自分の想いを犠牲にしてでも
          やるべき事はやるしかない。

          自分のこと棚に上げて
          文句ばかり言うのは、それこそ最低やし。

          …最近、急激に白髪が増えたと
          散髪屋で驚かれた。

          自分の頭の中で抑えるのは
          そろそろ限界かもしれん。
          車を考える。
          0
            自分の数少ない趣味の一つ。

            あんまり知識は無いけど、
            車雑誌を定期的に買い込んで
            色々夢を思い描きます。

            今乗ってるユーノス
            ロードスターも
            ずっと憧れていた車。

            車は大きな買い物ですが、
            あの手に入れた時の高揚感は何とも言えません。

            今のところ故障も無く、
            正直手放したくは無いのですが…

            子どもが生まれたことで、
            二人乗りのオープンカーの実用性の無さが
            浮き彫りとなりました。(-_-#)

            そこで最近、夫婦の間で
            車買い替えの話題が出た訳ですが、
            なかなか…交渉が難航。

            そもそも
            嫁さんが提案するファミリーカーに
            全く興味が持てない。

            以下、全く興味無い人はゴメンなさい。

            ミニバンやワンボックスとか
            どうも好きになれなくて
            激しく抵抗してしまう。

            始めはFT86とか本気で考えてたし。

            まぁスポーツクーペがダメなのは仕方ないとして
            せめてアクセラスポーツとか、スイスポ
            とか
            ハッチバックのスポーツタイプで押さえ込もうとしたら
            「マーチ(嫁さん愛車)と変わらない」なんて言う訳です。

            いやいや!!全然違うって!!

            チューンされたSRとかなら分かるけど
            どノーマルマーチと比べて同じと言われても…。

            何とか丸め込む方法は無いだろうか。

            思案した結果、ディーラーに連れて行くことにした。
            見て乗って体感すれば、良さをわかってもらえるはず。


            今週水曜、ちょうど有給が取れたので
            意気込んで外車ディーラーを回ろうと画策。

            当日あえて国産ディーラーを覗いて
            おのぞみのミニバンファミリーカーを見せた後、
            早々に切り上げて、フォルクスワーゲンに移動。

            平日で営業マンも暇だったのか
            冷やかし扱いせず、熱心な対応。

            外車の良さを熱弁してくれた。
            ありがとう。それが狙いだったのです。

            ボディ剛性、直進安定性、静粛性。
            長距離乗っても疲れません。

            渋い顔しながらも、
            嫁さんはうんうんと頷いていた。

            調子に乗ってアウディやBMWも
            回ろうかと思ってたけど、
            ワーゲンだけで十分満足。

            ゴルフGTI試乗できたし。
            やっぱり…良いなあ。

            どうしてもファミリーカーと言うなら
            ゴルフトゥーランはダメでしょうか。

            それかSUVのティグアンとか、
            ルノーコレオスもいい。

            あれこれ考えている内が花かな…

            最近周りで車を買い替えるとかいう話をよく聞くので
            自分も購買意欲が高まる一方です。
            出産ドキュメント
            0
              赤ちゃん

              「二日間休み取ったらええやん。」

              という上司の言葉に甘えて
              引き続き富山に滞在中。

              暖かいコメントやメールをいただき
              本当にありがとうございます。m(_ _)m

              6月12日19時13分
              体重3,014g、身長50cm
              かわいい女の子を授かりました。

              分娩所要時間、約25時間。
              繰り返す陣痛に耐えながら、
              嫁さんは夢と現実をさ迷い、
              「冷蔵庫からコロッケが出た!」など
              意味不明なうわごとを言いながらも、
              頑張ってくれました。

              病院に入ってからが、かなりの長丁場。
              後から入ってきた妊婦さんに先を越され、
              出てきた赤ちゃんの第一声を聞くことに。
              他人やけど、立場的に共感して思わず涙が。
              まぁ、先を越されてちょっと悔しかったりしたけど。

              でも、距離的にまず間に合わないと思っていた
              立会い出産が実現。(*^^*)

              分娩室に運ばれてついにか!と思ったら、
              今度は陣痛が間延び。

              助産婦さん「なかなか来ないね…。」
              夫「そうですね…(苦笑)」

              沈黙が続く。

              先生「うーん…もう出てくると思うけどねぇ。」
              助産婦さん「後二、三回(陣痛)来たらセンセお願いします。」

              打ち合わせ通り、引っ張り出され
              ついに我が子とご対面!!

              ところが、やっと出てきた赤ちゃんが泣かない。

              すぐに先生と助産婦さんが取り囲んで
              ノズルを鼻から差し込んで何やら吸引を始める。

              別室に運ばれるのを見て不安一杯になったけど
              ほどなくして、「フンギャーフンギャー」
              嫁さんと顔を見合わせ安堵の一息。

              珍しい事では無いそうですが、胎便が混じった羊水を
              胎児が飲み込んでしまう場合があるらしい。

              念のため保育器で経過観察となりました。

              早く抱っこしたいなぁと
              今はガラス越しに眺めています。

              実際目の前に我が子が現れるのは…
              何とも言えない気分です。
              これまで全く実感無かったのに
              徐々に込み上げてくるものを感じます。

              立会い出産への考えは人それぞれですが、
              自分としては、嫁さんの頑張る姿、
              誕生の瞬間を目の当たりにして
              素晴らしい体験となりました。

              先行き不透明な時代に産まれる子供達ですが、
              未来には希望を持って生きて欲しいものです。
              間に合うかな。
              0
                冷静を装って携帯ポチポチ。

                新幹線、特急と乗り継いで、
                ただいま最短ルートで富山を目指す道中。

                破水したとの連絡を受けて
                慌てて向かってます。

                本人は割と暢気で
                病院食美味しいってメール来たけど…
                こっちは不安が大きいし、落ち着かへん。

                いましがた某駅みどりの窓口でも、
                焦った。

                新幹線→在来線特急の区間を同時購入すると
                乗継割引が効いて、
                特急料金が半額になります。

                但し、これには一つ注意点があって

                あくまで同時購入が原則。

                始めに新幹線の切符だけ購入、
                新幹線降車後、中間の乗換駅で、
                続きの特急券を買った場合には
                割引適用されません。

                「米原まで新幹線自由駅、
                そこから特急しらさぎ自由席、
                富山県の高岡まで。
                乗換割引でお願いします。」

                「はい、かしこまりました。」

                鉄オタの弟に教わりましたが
                窓口駅員が操るタッチパネルは
                マルスシステムという名前だそうです。
                (どうでもええけど)

                大概マルスをパチパチ素早いのに、
                二人掛かりで時刻表ペラペラめくり始め
                やたら手間取る駅員さん。

                「お客様すいません…カタオカですか?」
                「いえ、タカオカです。」

                これ経験したの、実は同じ駅で二回目。

                関西かつ新幹線窓口の駅員さんは、
                たぶん新幹線停車駅以外は
                詳しく知らないんだと思う。
                (米原で特急しらさぎ?
                トヤマ?カタオカ?)
                って感じなんかなぁ。(-.-;)

                鹿児島中央まで買ってた
                一人前のおっちゃんなんか
                数十秒で切符もらってたんに…。

                間に合わんじゃないかと
                ヒヤヒヤしました。
                (前回は本当に間に合わず発車)

                現在は、無事しらさぎに乗り換えて
                予定通り移動中。

                まぁメールの感じだと
                今日のご対面はなさそうかな。(-.-)zzZ
                独身生活逆戻り
                0
                  吉野山
                  写真は、先々週の奈良県吉野。

                  桜の一大名所。
                  行った時期がちょい早かったみたいで
                  八分咲きぐらいの感じでした。

                  さて、今は富山からの帰路。
                  土曜、車で嫁さんを実家まで連れて行って、
                  単身電車で兵庫に戻る所です。

                  明日から、しばし独身生活に逆戻り。

                  嫁さんは、里帰り出産です。

                  時節柄、あまり声高に喜びを発するのも
                  躊躇われる気がして
                  これまた周囲には殆ど伝えていなかった話ですが、

                  6月頃、第一子(女の子)誕生予定です!!

                  大きいお腹を見ても未だ男親は実感ゼロで、
                  なんか、ホンマかいな、って感じですが…
                  とにかく元気に産まれてくれれば
                  それだけで十分です。

                  自分としては、嫁さんが帰ってくるまで
                  だらし無い生活に戻ってしまいそうなので
                  そちらの方も注意しなければいけません。

                  社内健康診断で引っ掛かったとか云々、
                  その話は、またの機会に。
                  「会社で苦労していること」
                  0
                    ランキングなるものを、mixiニュースで見た。

                    第4位 有給休暇が取りにくい。
                    http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1506357&media_id=121

                    そういや、この前サザエさんでも
                    「有給休暇」をテーマにした回があったなぁ。

                    私らの仕事は、「その点だけ」は恵まれていて、
                    ある程度、休暇は消化しなければならなくなっています。
                    (…要は労基対策なんやけど)

                    ただし、どのタイミングで休みを取るかが悩み所。
                    それは贅沢だとか、ストイックだとか、
                    言われるかもしれないけど。
                    (俺なんか○○日連続勤務やで!とか聞こえてきそう)
                    でも中途半端な休みは、仕事の進行の妨げにしかならないのです。

                    色々問題を抱えている案件が滞る、とかの理由で
                    ズルズル引き延ばして、気付けば年度末。

                    どうせなら、有給を返上して
                    手当対応にしてもらえんかな…。

                    そんな上手い話あるはずもなく、
                    日々悶々としている訳です。

                    全く何も考えず、パーッと旅行を楽しめる気分なら
                    なんぼでも休みは欲しいです。
                    雪国富山
                    0
                      小矢部川SA
                      土日、嫁さんの実家(高岡市)にお邪魔してました。
                      高速で福井、石川と通過したけど、富山は特に雪が多い。

                      今年は平野部でも1mを超えたとか…(・_・;)

                      富山を離れて約五年。
                      冬の大雪が懐かしい、なんて言ってたら、
                      地元の人に怒られるな…。ホンマ大変そうです。

                      ちなみに、今日はこちら兵庫も断続的に雪。
                      雪に慣れてない地方だけに、雪国以上に注意が必要です。
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.