[映]ギャラクシー・クエスト
0
    映画にとってタイトルは重要な要素です。
    タイトルセンスが微妙というだけで敬遠される映画も少なくありません。
    敢えて狙っているのか、特にB級映画はタイトルからして何か匂います。

     「ザ・パイレーツ」
     「アタック・ザ・マミー」

    人気映画乗っかり型。
    ストーリーまで似せている作品多し。

     「トマホーク」
     「MP3」

    とりあえずキャッチーな単語を冠しただけ。
    公開中の「ステルス」も何となく…。
    最近では、海外Vシネマ等にオリジナル邦題を付けるケースに多い。

    前置きが長くなりましたが、

    法則に当てはめるとB級確定的な「ギャラクシー・クエスト」
    これは隠れた名作です。個人的に、最近みた映画の中で一番!
    位置付けとしては、パロディ・SFコメディに属する作品ですが、
    中途半端なアクション大作を軽く凌駕するだけのノリと勢いを持っています。

    ネット上でも絶賛コメントが多く、前々から見たいと思っていたのですが
    あまりに狙いすぎたタイトルが逆に覚えにくい。
    その上レンタルショップでは扱いが小さい。
    というわけで実際拝見するまでに時間がかかってしまいました。

    【あらすじ】
    人気SFドラマを地球外で受信していたホンモノの宇宙人が
    ドラマを実在のドキュメンタリーと勘違い。艦長役の俳優に助けを求めてくる。
    その結果、ドラマ上の経験と知識しかない俳優達が宇宙戦争に巻き込まれる羽目に…

    なんだそのベタベタなストーリーはw
    と、一笑に付して見ずに終わるのはもったいない。
    この映画、手抜きっぽいようで全く手を抜いていません。

    ドリームワークス制作 ILM特撮
    シガニー・ウィーバー(リプリー@エイリアン)
    アラン・リックマン(スネイプ先生@ハリーポッター)

    少しでも映画に関心がある人なら、ムダに気合いが入っていることがわかっていただけると思います。要はスタートレックのパロディなので、オリジナルを知らない人には少し勧めづらいのですが、最終絶叫計画や親指タイタニックとは一線を画す完成度。それらに比べて知名度が劣るというのも納得できませんが…。元ネタがわからなくても十分楽しめるレベル。

    スターウォーズやスタートレックを胡散臭いSFとして斜に見ている人にオススメ。SF映画の寒い一面を冷静に捉えつつリスペクトするという、奥深い構成には感心させられます。要所要所でニヤリとさせられて、最後はホロリとさせられる。かなり珍しいタイプのコメディ映画です。邦画に例えれば、どことなく「ラヂオの時間」に近い雰囲気。

    ストーリーだけで魅せる作品かと思いきや、映像の質もAクラス。
    全編通して良い意味で期待を裏切ってくれます。
    B級映画を選んだ気分で見ていると、何か得したような感覚に浸れます。

    ここまで手放しに絶賛している自分が気持ち悪いんですが、
    最初ひねくれ根性丸出しで、おもしろくないなら叩きまってやろうと思ってましたw
    こういう、お約束を逆手に取った卑怯な作品は大好きです。

    一度まとめサイトレビューをご覧になれば、少しでも面白さが伝わるかもしれません…
    映画好きを自負する方には是非とも見ていただきたい一品です。

    ギャラクシー★クエスト
    ギャラクシー★クエスト
    Comment:
    Add a comment:









    Trackback:
    http://fantastical.toyama.whitesnow.jp/trackback/240372
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.