車愛−アルトワークス
0
    最近、漫画喫茶で読み始めた「頭文字D」
    もう今更過ぎてネタにもならない、有名な峠バトル漫画です。

    今までキャラデザに抵抗があって読もうとしなかったものの
    いざ読み始めたら意外と気にならない。(かわぐちかいじのジパング然り)
    食わず嫌いは損ですね…。
    それにしても、実写版映画を先に見ておいて良かった。
    漫画から入っていたなら違和感バリバリでツッコミまくってたと思いますw

    車好き垂涎のバトルシーン満載ですが、
    もちろん漫画に触発されて峠を攻めようと考えている訳ではないです。^^;
    ただ、読めば読むほど…ドライブを楽しみたいという思いに駆られます。

    さてここからが本題です。

    自分は幸運にも、大学生にして車を所有しています。
    都会と比べて地価が安く、駐車場代も5kが相場。
    車が無ければ辛い地方のため、必要に迫られてというのが理由の一つ。
    しかし何より、父親が大の車好きだったことが幸いしました。

    --------------------------------------------------------------------

    現所有車:アルトワークスRS/Z(HA21S)

    DOHCターボ・FF・4AT・四輪ディスクブレーキ
    ローダウン強化サス・スポーツブレーキ・社外ステ・アーシング

    …といっても、自分がチューンしたのではなく
    中古車で、前オーナーが軽い走り屋さんだったようです。
    買った時点では、他にターボタービンまで社外品だったのですが
    そこからオイル漏れしている事がわかったので、純正タービンに交換。

    親はリミッター解除までしてあるのではと踏んでいたようですが
    140km以上できっちりリミッターがかかることを確認しました。
    もっとも、こんなスピードで走る事は滅多にありません…
    一歩間違えれば車もろともあの世行きです。

    愛車と言えば愛車なのですが、この車には散々泣かされました。

     【エンジンOH】

     もう一年近く前になりますが、走行中に謎のオーバーヒート。
     ガスケットが飛んでシリンダヘッドが歪むという最悪の状態に。
     翌日ディーラーから

      「この車、まだ乗ります?」

     脳天直撃セガサターン。衝撃宣告を受けて頭が真っ白になりました。

     結果的に、購入2ヶ月弱でエンジンをオーバーホールする羽目に…
     修理費10万円。ちなみに、これでも安く済んだ方です。
     あまりに不憫なので、購入先工場が格安修理を引き受けてくれました。

     原因は未だわからず仕舞い。
     サーモスタットの不具合か、前オーナーが無茶乗りしていたのか。
     どちらにせよ、直前の不調に気付かなかった自分の責任です。
     これをきっかけに水温計ばかり気にする癖が付きました…。

     【ホイールベアリング交換】

     エンジンが無事直って安心したのも束の間。
     今度はフロントからウォンウォンウォンという異音発生。
     またかよ…トホホな気分でディーラーへ。
     そして、異音トラブルは再現性が無いと受け付けてもらえない事を知る。

     何度持ち込んでも調べてもらえず。。。
     次第に異音は酷くなり、最後に頼ったタイヤ館の診断で確定。
     修理費1万円。これまた購入先工場のお情けで中古パーツと交換。


    最近は目立ったトラブルもなく、すこぶる快調です…が
    購入後半年の間でここまでトラブル続きとは、今思い返せば笑えます。
    もう笑うしかないです。笑ってやってください。アハハハハ。

    お陰様で、ドライバー歴三年にして車の妙なトラブルに詳しくなり
    ディーラーや販売業者との付き合い方も考えさせられました。
    全てを勉強と考えれば安い買い物だった・・・と思いたい。

    なお、エンジンOHを経て走行燃費が 2〜3km/L ほど向上。
    オマケが付いて返ってきました。

    --------------------------------------------------------------------

    タイトルで、あえて「愛車」と書かなかったのは、上記事情のため。
    ワークスの前に乗っていたジムニー(親がヤフオクにて10万で落札)
    スポーツカーどころか、街乗りも快適とはいえないじゃじゃ馬でしたが
    ドライブを楽しむ感覚は、昔の方が強かったかもしれません。

    無理してでもマニュアル車を探すべきだった・・・

    全く贅沢な話かもしれませんが、頭文字Dを読みながらそう思います。

    ただ勿論、ここまで手を掛けたワークスは今後も大切にするつもり。
    最後になりましたが自己満レビュー。ワークスの速さはガチです。
    下手なスポーツカーに負けないドッカンターボの加速感
    小気味よいドライブを体感できる名車だと、私は思っています。

    アルトワークス専科
    アルトワークス専科
    K-CAR編集部

    頭文字D THE MOVIE 公式ビジュアルBOOK
    頭文字D THE MOVIE 公式ビジュアルBOOK
    しげの 秀一
    Comment:
    2005/11/09 9:29 AM, Z wrote:
    ドッカンターボという言葉を使うとは…かなり読み込んでますな。ご存知の通り、俺は大学に入って車3台目。やっぱ、一番、思い入れがあるのは、スターレットかなぁ。初めての車だったしね〜。Z車=スターレットのイメージがあるのも、お前らの代で終了。でもイメージって言っても一ヶ月チョイくらいしかお前らの前で乗ってなかったからな〜。約一名、Z車=スタって言い張ってますけど。今は、もうインテ一筋!やっぱ、普通車のスポーツカーっていいよ〜。俺の夢は、ジジイになってもスポーツカーだな。う〜ん、この話、今日のブログのネタにしようっと。
    2005/11/12 10:12 PM, moderatty wrote:
    約一名って、あの方の事でしたかw
    やっぱり初めて乗った車は思い入れあるもんですよねー
    「ジジイになってもスポーツカー」いい言葉です。

    心地よいターボラグ、変な言い方だとは思いますけど。
    (ターボラグ=欠点・弱点ですから)
    それでも、あのターボかかる直前の瞬間が好きです。
    軽とはいえ、ターボ車乗り継いでますからね…

    次こそは、マニュアルNA普通車で決まり。
    Add a comment:









    Trackback:
    http://fantastical.toyama.whitesnow.jp/trackback/312398
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.