映画小話
0
    そろそろ仕事以外のネタも振っていきたいと思います。

    久しぶりに映画レビュー。

    「超速伝説 ミッドナイト・チェイサー」(1999年/香港)

    いきなりマイナーな香港映画。
    走り屋の公道バトルを描いた作品です。

    監督は実写版イニDを手掛けたアンドリュー・ラウ。
    どうやら、イニDがある程度ヒットしたおかげで再注目され、
    改めてDVD化が決定した作品のようです。

    「これが映画版「頭文字D」の原点となった...」

    なんて見出しを付けて売られているとか。
    パッケージ写真はワイルドスピードに酷似。

    ネタバレしない程度に筋書きを。

    負け知らずの公道レーサーとして名を馳せる主人公。
    しかしバトル中のアクシデントにより、どん底に突き落とされる。
    答えを求めて、行方知らずの親父(伝説の走り屋)を探す旅へ。

    スカした主人公が挫折を味わい、這い上がるという流れが
    周星馳の「食神」を思い起こさせます。

    ちなみに、バリバリC級の香港映画です。

    注目すべきはカースタント・カメラワーク。
    一部ネタから、監督が頭文字Dを強く意識していることが窺えます。
    (アジア圏ではマンガが大ヒットしているらしい)
    この実績を買われてイニDのお仕事が舞い込んだのかも。

    ただ…

    とことん暗いお話で、後味もかなり悪いので要注意。
    ワイスピのような痛快アクションは期待できません。

    全編通して荒削りな印象を受けますが、個人的に嫌いではないです。
    車若しくは香港映画、どちらかが大好きな方なら見て損は無いはず。

    「エントラップメント」(1999年/米)

    たまたまテレビでやっていました。
    初見時、「ショーン・コネリー主演」に期待しすぎて
    肩すかしを食らった覚えが・・・

    改めて、ヴィング・レイムスが出ていることに気付きました。
    大柄な割には知的な役柄が似合う役者さん。名脇役の一人です。

    この映画…ラスト15分が全てです。

    そして、クアラルンプールに行ってみたくなりました。

    ---------------------------------------------------------------------

    ついでに「M:i-3」を取り上げようかと思いましたが
    時間が時間なので、風呂に入ってサッサと寝ます。。。

    最近、電車の時刻に合わせて朝5時台に起きているので
    こんなに夜更かしするのは久しぶりです。

    超速伝説 ミッドナイト・チェイサー
    超速伝説 ミッドナイト・チェイサー

    エントラップメント
    エントラップメント

    Comment:
    Add a comment:









    Trackback:
    http://fantastical.toyama.whitesnow.jp/trackback/443448
    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.