(オーディオ)XW-HT1
0
    2013年、明けましておめでとうございます。
    1年以上放置していたブログです。

    さて近況としましては、2日から富山の嫁実家に挨拶に出向き
    嫁・子はそのまま14日までゆっくり滞在してもらうことに。

    「久々に独り身に戻って羽を伸ばせる!」

    なんて当初の思惑と裏腹に、ヒマ過ぎて…
    休日はダラダラ無駄な時間を送ってしまいました。

    この三連休こそは動かねばと、親の病院通いに便乗して
    京都(といっても中心部では無い)へ出向く。

    -------------------------------------------------------------------------------

    そこで暇潰しに入ったリサイクルショップで思わぬ拾い物。
    タイトルに書いた『パイオニア/XW-HT1』

    言っちゃなんですが、お店は大手チェーンのハード○フと比べても
    小汚い感じで、所狭しとよくわかんない古物が並べてあった。
    正直「よく買い取ったなぁ」という感じの品々。

    そんな中で「なになに、ワイヤレスのサラウンドシステム…3,800円」
    おぉ、前からこんなん探してたんや!!
    すぐさまiPhoneで軽く調べた上で、衝動買い。

    モノとしては、2004〜7年頃に流通してた商品らしく
    当時の実売価格は17,000〜20,000円程度。

    TVなどAV機器に接続して、リアスピーカーとして使う。
    ステレオ音声を元にして、広がりのある音響を作り出せるのが特長。
    要は「なんちゃって5.1ch」。

    前から、5.1chで映画を楽しみたいと思ってましたが、
    スピーカーやケーブルでごちゃごちゃするのに抵抗感があった。
    このシステムの最大の利点は「ワイヤレス」。無線ですっきり。

    さっそく居間のテレビに取り付けて、試してみました。

    そんな語れるだけの耳は持ち合わせてませんが、
    個人的に満足出来るレベル。つなぐだけのお手軽感が気に入りました。

    ただし…トランスミッターを兼ねる本体部をテレビとBDプレーヤーの
    間にかまそうとして、アチャーと気付いた点が一つ。

    最近のBDプレイヤーは映像・音声まとめて「HDMI端子」で繋がっている。
    対して、この商品は「RCA端子(黄白赤ケーブル)」前提で作ってある為、
    間に割り込ませるためには、あえて旧式のRCA接続に変えなければならない。

    すると目立つのが、映像の画質劣化。ハイビジョン視聴は不可。

    「光オーディオ」の入出力なども付いていないのです。
    HDMI出力の映像を生かしたまま、音声のみ分離して迂回する方法も
    取れなくは無さそうですが、このレベルの商品であえてそこまでという感じ。
    何十万単位で投資する本物の「音マニア」に笑われそうなので。

    うーん、このあたりが前オーナーが手放した理由かも。

    DVDプレーヤーからBDプレーヤーに買い換えるタイミングで
    あれれ使い勝手悪いやん、という感じかな。

    まあともかく、昨今の薄型テレビ搭載のショボショボスピーカーを
    補完するサブスピーカーとしては十分有用。

    こういったプチ充実感を大切にしたいですね。
    Comment:
    Add a comment:









    Trackback:
    http://fantastical.toyama.whitesnow.jp/trackback/949417
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.