『GODZILLA ゴジラ』(2014)
0
    JUGEMテーマ:映画


    やっとレンタル出来るようになったので早速見ました。
    子どもの頃から東宝版を見まくったプチゴジラファンです。

    前評判が良い事もあり、大きな期待を抱いて観賞。
    確かに、ちゃんとしたゴジラ映画でした。
    ビックリするくらい真面目にリスペクトしてあります。

    ちなみに、他のハリウッド映画によく見られる
    トンデモ日本(他のアジア諸国とまぜこぜ等々)の描写は
    かなり抑えられていました。日本の場面は日本らしさがある。

    単なる「怪獣パニック映画」として描かなかった点で、
    ローランドエメリッヒ版(1998)との差が出たという事か。。。
    当時、弟と映画館に見に行ったのを覚えています。
    それなりに楽しく見てたような記憶有り。

    前作ハリウッド版の批評は、真のゴジラファンに譲りますが…
    まあ、あちらのガッジィーラは弱過ぎますね。
    ミサイル何発か撃ち込まれて終わりというのはちょっと…
    後、卵を産むというのもゴジラらしくない。

    今回のゴジラは、見た目や存在感がかなりオリジナルに近い。
    それに「人間の敵」という訳では無いのです。
    実際に登場するまで、かなり焦らされますが。(笑)

    「原発」「汚染区域からの退去」「津波」等々
    しばらく日本自国ではエンターテイメントとして扱いづらいテーマを
    きっちり映像化してくれています。
    シリアスかつダークに描かれているので、嫌味には感じません。

    つらつら書きましたが、ゴジラファンは一見に値する作品でしょう。

    一方で、米軍vsゴジラのドンパチなどの派手なバトルを想像する人には
    期待外れかもしれません。人間ドラマが主軸です。

    ただ…、最後の方で、どうしようもないマイナスのシーンがあります。
    ほとんどの日本人が突っ込みたくなる矛盾点。

    ※以下、ネタバレ含みます。




















    核爆弾の爆発リミット間近で意識を失い、ヘリに救われて、
    現場からまさに脱出しようとする所で「ピカー」とか、、、
    相変わらず、ハリウッドは核の威力を舐め過ぎ。

    ほとんどの日本人が突っ込む所でしょう。

    冒頭から核実験のシーンを見せたり、メガトン級の核ミサイルの
    威力を誇示するシーンがあったり、「ヒロシマ」の話を持ち出したり
    「あー、これは制作側よく分かってるな」と思わせつつ、
    結局「トゥルーライズ」の感覚から抜け切れていないのが残念。

    このシーンさえ無ければなぁ。。。
    Comment:
    Add a comment:









    Trackback:
    http://fantastical.toyama.whitesnow.jp/trackback/949431
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.