観光業界(インバウンド)の動向

  • 2019.06.30 Sunday
  • 13:42

JUGEMテーマ:ビジネス

 

たまには頭の体操をかねて

真面目な話題を纏めてみる。

 

〜近時話題となっている「観光業界(インバウンド)」について〜

 

 

 〔出典〕H30.8.31 観光庁

  『観光ビジョンに掲げる目標値の進捗状況 及び

   平成30年6〜7月の災害による訪日数への影響 [報告]』より

 

データを見れば、15年前には「500万人程度」であった訪日外国人が

近年急速に伸びていることが見て取れますが、2018年の速報ベースでは、

とうとう、6倍余りとなる「3,000万人」を突破したようです。

 

超長期となっている第二次安倍政権が「2012年」の発足ですから、

いわゆる「アベノミクス」による政策誘導の効果であることは明らかです。

私は安倍首相の経済政策が全て正しいとは思いませんが、この件に関して言えば

関連産業にはインバウンド需要による一定の「経済効果」があったと思われます。

 

兎にも角にも、2011年 東日本大震災の影響で落ち込んだ後、翌年以降から

右肩上がりの急上昇を辿っている点には、なかなか驚かされます。

 

2011年当時「1ドル=79円台」と「超円高」に振れていた為替相場は、

これも政策誘導にて円安基調で進行し、この記事を買いている現時点で

「1ドル=107.9円」という水準。これも、大きな要因です。

 

つまり、海外観光客には、日本で買い物しやすい状況が続いている訳です。

 

訪日外国人(一般客)1人当たりの旅行支出は「約15万円」というデータがあり

単純計算で行けば、3,000万人×15万円/人=「4.5兆円」←訪日関係消費

 

少子化が進み、国内需要が伸び悩んでいる我が国においては、

インバウンド需要は、もはや無視できない規模の市場となった訳です。

 

さて私は、観光産業に直接関わっている人間ではありませんので、

だからどうこうという訳では無いのですが・・・頭の整理にはなりました。

 

グローバル化が加速する中、古い考えに固執することはリスク。

 

海外から急激に押し寄せる大きな波、そして、その波に乗ろうとする国内事業家、

何れにしても、旧態依然とした枠組みで対応できないことが増えている筈。

 

自分自身は、どのように考えて、向き合っていくべきか。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM