ベトナム・ホーチミンを訪れて
0
    JUGEMテーマ:旅行

    先月、海外研修でベトナムに行ってきました。
    そもそも海外に行く機会そのものが滅多に無い中で、
    私にとっては非常に貴重な経験です。



    新婚旅行で行ったイタリア以来、二度目の海外旅行。
    ヨーロッパとは違うアジアの新興国独特の雰囲気は
    短い滞在期間でも十分に感じ取れました。

    まあ…研修先や観光地の詳しい話は省くとして
    (それはそれで非常に良いものはありましたが)

    市場(いちば)の雰囲気と臭いには圧倒されました。



    ホーチミン中心部にあるベンタイン市場。
    テレビでよく映る観光名所の一つでもあります。

    ここに限らず、外国人観光客への押し売りと
    値段の駆け引きは何処でも強烈なのですが…

    ある扇子売りの女性が特に印象に残っています。

    「センス1個2ヒャクエン。ン?」
          ↓
    「いらない。ノーサンキュー。」
          ↓
    「ナンデヤネン!(バシッ)」

    まさか…こんな所で関西のツッコミを受けるとは。
    しかもちゃんと手の甲で叩いてくるし。

    思わず苦笑い、無視して歩き始めましたが、、、
    なんと後を付いてくる。マジか!!

    「センス1個2ヒャクエン。ン?」
          ↓
    「だから、いらないって!ノーサンキュー!」
          ↓
    「ナンデヤネン!!(バシッ)」

    これを4回ぐらい繰り返し。
    何とか他の商売人のテリトリーに入って撒けました。
    恐るべし商魂。

    更には…所狭しと置いてある偽ブランド品の数々。
    バーバリー、プラダ、アルマーニ、グッチ、、、
    値段からして明らかな偽物です。

    入口近くに時計店もあったんですが、
    そこも、ぱっと見は有名ブランドのオンパレード。
    「オニーサンオニーサン、スーパーコピー!」
    おいおい偽物って言ってるやん!!

    商標・著作権の規制対策はかなり甘目です。
    国営デパートでも堂々と偽物が置いてありました。

    「臭い」に関しては、市場の食品ゾーンがヤバいです。
    これまで、自分は割と鈍感な方だと思っていたのですが、
    初めて「臭い」で鳥肌が立ちました。

    何とも表現し兼ねます。

    パクチーや魚醤(魚を発酵させた調味料)にドリアンとか
    おそらく色んなものが混ざり合ったのだと思いますが。。。
    参りました。

    まあ、そんな一面を書き並べはしたものの
    国としては、非常に好感を持ったのも事実です。
    一瞬「ここに住んでみるのも悪くないかな…」とさえ。

    最大都市ホーチミンですら、まだまだ発展途上の感はありますが
    ギラギラした人で溢れ返り、「人間が生きている」という、
    今の日本では見られない生々しさを感じ、惹きつけられました。



    機会あらば、東南アジアの他国も訪れ、比較してみたいです。
    家計にそんな余裕は無いので実現困難とは思われますが…w
    「みんカラ」開始
    0
      今更ながら「みんカラ」登録。

      http://minkara.carview.co.jp/userid/2214702/blog/

      これから車ネタは「みんカラ」に載せていきます。
      もう若くない
      0
        最近になって(今更ですが)ブログを更新する機会が増えてきました。

        わざわざネットにアップするぐらいなので、当初は「誰かに見て欲しい」とか
        「情報を発信したい」という思いを勿論持っていた訳ですが、
        最近はそれよりも、自身の考えを整理するために書き殴っているという感じです。

        昨晩、ふと思い立って学生時代の後輩に突然電話を掛けました。
        向こうが元気そうで何よりでしたが、ちょっと衝撃を受けた事があります。
        前回連絡を取ってからそれほど期間が経っていないと思い込んでいましたが
        実に「5年」近く間が空いていた事に気付いたのです。

        私自身が結婚したという事は辛うじて伝わっていましたが、
        子どもが出来ていたという事も今更ながらの報告。
        その子どもは、この6月で3歳を迎えるという…。

        そりゃ年も取るはずだ。

        30歳なんてまだまだ若い!と怒られるかもしれませんが、
        残念ながら若さは次第に失われつつあります。

        改めて見返すと、このブログは2004年11月にスタート。
        今年の11月で10年を迎えることになります。

        2005年5月31日の日記では、

         ホリエモン→JR→イラク傭兵→旧日本兵→二子山親方

         残念ながら明るい話題は殆どありません。
         明るいニュースを強いて挙げるならば、

         ピアノマン ・ レッサーパンダの風太君

        …なんて書いていますが、もはや何のことか覚えていない話題もw

        さて10年近くの歳月を経て…

        最近「若さがない」と実感するのは、精神的というより肉体的な面。
        飲み会がやたらと増えて、平日週3〜4回とかざらに飲みに行くのですが
        今は何とか誤魔化せても、後から身体に効いてくるのでは…という
        不安を何となく感じるようになってきました。

        嫁は、呆れているというか…半ば諦めていますが、
        これからは自分自身の身体を労わることも必要かもしれません。
        いつまでたっても元気でフルパワーで動けるとは限らない。

        これからの10年を見据えて節制しなければいけないのですが、
        言うは易く行うは難し…
        吹奏楽の思い出
        0
          何気なくyoutubeを徘徊してた所、J-POPを吹奏楽編曲したものを
          素人楽団が演奏している動画を見つけて、ふと懐かしい気分に。

          小学生の頃、吹奏楽部に入ってチューバを吹いてました。
          小学4〜6年の3学年混成チーム。僅か3年の経験ですが、
          放課後のみならず、土日・夏冬休みまで犠牲にして
          みんな練習に明け暮れていました。

          当時では県大会の常勝校で、先生も厳しめ。
          一年目の夏休みに、練習日を休みと勘違いして遅刻して、
          合奏の前に、全員の前で思い切り叱られたのを覚えています。

          何故チューバかというと、それも情けない話。

          本当はトランペットが吹きたかったのですが、
          あれがなかなか難しくて…上手く音を出せず。
          比較的音が出しやすく且つ肺活量が求められる(男向き)の
          パートであるチューバに割り当てられた訳です。

          当時一緒にやっていた女の子の多くは、
          その後も 中学で吹奏楽部に進んでいたけど、自分はあっさり引退。
          高校の時も経験者という事だけで吹奏楽部顧問に
          しつこく勧誘されましたが、結局縁が無く終わりました。

          でも今になって思えば、

          趣味の一つとして続けるのもアリだったのかなぁ…。
          ギャランフォルティスで帰省
          0
            JUGEMテーマ:車/バイク
            表題にわざわざ車名を入れるあたり、お察し下さい。
            嫁実家(富山)までの長距離ドライブも、愛車を乗り回す貴重な機会です。

            H25/11、中古で購入した「ギャランフォルティス」
            マイチェン前のCY4A前期型・2.0Lスポーツタイプ

            エコカーブームの時流から見事に外れてますが、
            真面目に作ってある良い車だと私は思います。

            今から購入を考える奇特な方の参考になればとの思いで、書き留めます。
            (この車、ネットで検索しても余り情報が出てこないのが悲しい)

            まず見た目は「なんちゃってランエボ勝
            ベース車両となった兄弟分なので当たり前なのですが。
            自分の車はリアスポイラー付なので、尚更似て見えます。
            ただ、似てるだけで、中身(動力性能)は勿論全くの別物です。。。

            ユーノスロードスターから乗換を思い立ち、
            クルマを探すにあたって重視したのは下記のポイント。

             ・直進安定性。長距離ドライブに向いていること。
             ・不満の無い加速。峠は攻めないので実用レベルで可。
             ・雪道を走るのでFRは除外。できれば横滑り防止装置有り。
             ・大人4人が余裕で乗れる車内空間。特にリア足元。
             ・でも、ファミリカーは避けたい(笑)
             ・スポーツタイプが欲しいけど、ハイオク×。
             ・中古でもいいので価格重視。

            こんなワガママを満たす車は今の日本に少ない。
            セダンではレガシィB4あたりが無難かもしれません。

            ともかく、上記ポイントをベースに、
            ギャランフォルティスの所感を書き連ねてみる。

            直進安定性は期待通りの水準。足回りは固めです。
            車体の剛性感が乗ってて感じられる点は非常に好印象。
            ただ、路面の変化がダイレクトに伝わり過ぎる点は良し悪し。
            道が荒れている時や轍に捕まった時など、思いの外突き上げられて
            ハンドルを取られそうな感覚に陥る。
            (このあたりは好みが別れる所かも)

            加速は、めっちゃ凄いという程でも無いけど不満は無し。
            まずもって、つい最近まで嫁のマーチに乗る機会が多かっただけに
            それと比較すれば速いのは当たり前な訳で…判断が難しい所。
            高速道路に合流する時は快適。2Lセダンの余裕を感じます。

            横滑り防止装置の非搭載は、個人的に一番惜しい所。
            作動しなければならない状況に出くわすかどうかは別として
            今後も雪国を走る機会が多いだけに「お守り」として欲しかった。
            (ちなみに、後期型は標準装備となっています)

            車内空間は、この車に決めたポイントの一つ。
            もちろん後席のリクライニングが効く訳でも無いのですが、
            サイドクッションに厚みがあって、身を預けられるのは快適。
            行儀悪いのですが、センターコンソールボックスに足を放り投げて
            隅のポケットに毛布を挟んで頭を置くと、楽に寝れますw

            嫁は不満たらたらですが、ファミリカーとして通用するぞ!

            見た目ハイオク仕様っぽいけど、レギュラーガソリン仕様。
            実燃費は、高速走行で11〜2km/ℓ。街乗りで10を切るぐらい。
            これは仕方ないけど、最近の車と比較すれば弱い部分。
            燃費を意識して1.8Lに変えた後期型は動力性能が不十分と聞くし
            スポーティさを期待するのであれば我慢しなければなりません。

            他所でも触れられているように、静粛性には課題有り。
            エクシードとか他のグレードはタイヤサイズが異なるので
            もっと静かなのかもしれませんが。18インチの大きいタイヤが
            いかにもゴロゴロ回ってるような音(ゴー)が気になります。

            後方視界は悪いです。リアワイパーも付いていません。
            バックモニター付きで良かったと改めて思いました。
            フロント・サイドも、ピラーが太い分、視界は良くありません。

            あと、ナビパッケージに付いている三菱純正ナビ搭載の場合、
            車内装備設定(ミラー開閉、ルームランプ、セキュリティ等の調整)を
            ナビ画面からいじれるのはなかなか秀逸です。

            個人的にはかなり満足のいく乗換となりました。
            決して万人に好かれる車ではありませんが、
            ちょっとしたスポーツセダンに乗りたいという欲求は
            十分に満たすことができました。
            CALENDAR
            SMTWTFS
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>
            ENTRY(latest 5)
            ARCHIVES
            CATEGORY
            COMMENT
            TRACKBACK
            PROFILE
            MOBILE
            qrcode
            LINK
            無料ブログ作成サービス JUGEM

            (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.