最近の出来事
0
    気になる話題を列挙。

    HY 5th ALBUM 『HeartY』4.16 リリース!

    J-POPで唯一と言って良いほど入れ込んでいるバンドHY。
    待ちに待ったニューアルバムリリース☆
    でも本当はライブのチケットも取りたかったなあ…

    フジテレビ『古畑中学生』制作決定!

    え・・・何これ(−_−)
    無理矢理過ぎるスピンオフ。時代設定は昭和になるの?
    古畑ファンだけど、これは何とも言えない…

    『ドラえもん』初舞台化が決定!

    旧声優陣フルキャストの舞台化ならおもしろかったのに。
    スネ夫ヘアーの再現度だけが気になって仕方ない…
    アニマルプラネットなら、チッポ始め動物キャラは着ぐるみ?

    『攻殻機動隊』実写映画化へ!

    これは待ってた!ついに実写化(*^_^*)
    スピルバーグなら無難にまとめてくれそうで期待持てる。
    ただ、原作・押井・SACのどれをベースにするかでだいぶ違ってくるけど
    タチコマが実写背景に動き回るの見たい人は多いと思う。

    『true tears』富山BBTにて放送中!

    富山関係者で知らない人には是非オススメしたい。



    …これを見ていると富山の風景を思い出すので、
    懐かしい気持ちとともに強烈に寂しくなりますが
    婦中町の パボーレ には思いっきり笑いました。
    華麗なる一族
    0
      小説を読もうと思っていた折、ちょうどドラマ化☆
      日曜夜は憂鬱ですが、毎週見るのを楽しみにしています。^^

      舞台は1960年代後半の神戸。
      銀行の再編劇に財閥一家の人間模様が絡む物語。
      原作は、「白い巨塔」の作者でもある山崎豊子が
      30年以上も前に執筆したものです。

      ○阪神銀行…万俵大介頭取(北大路欣也)が率いる、兵庫の都市銀行
      ○阪神特殊製鋼…長男鉄平(キムタク)が専務を務める万俵財閥の系列会社

      ドラマ開始以後、様々なブログでネタにされていますが
      登場する企業、人物にはそれぞれモデルが存在します。

      ※ゴメンなさい、ドラマのネタバレになる部分もあるので
      毎週の展開を楽しみにしている人は注意して下さい!!


      いきなり、マニアックな話になりますが・・・

      バブル崩壊以後、金融再編の波が新たに押し寄せて
      銀行は合併を繰り返し、名前がコロコロ変わりました。
      まともに覚えている人はほとんどいないと思います。

      …かつて、我が家のメインバンクは

      「太陽神戸銀行」という銀行でした。

      文字通り「神戸銀行」と「太陽銀行」の合併により生まれた銀行ですが
      この「神戸銀行」こそ、ドラマに登場する「阪神銀行」のモデルになった
      と言われているのです。

      …実は、神戸銀行もまた県内の6銀行の合併によって生まれた銀行で
      大元は「岡崎財閥」率いる「神戸岡崎銀行」という会社でした。

      そして岡崎財閥のグループ企業には「山陽特殊製鋼」という会社が…。
      この会社は、1965年の倒産事件で経済史上に名を残しています。

      つまり、

      ○神戸銀行→阪神銀行
      ○山陽特殊製鋼→阪神特殊製鋼
      ○岡崎財閥→万俵財閥

      なお、「山陽特殊製鋼」はその後復活を遂げており
      高校時代の友達が就職していたりします^^;

      でも現在「太陽神戸銀行」という銀行は存在していません。

      <1990年>
      太陽神戸銀行は、三井銀行と合併し
      「太陽神戸三井銀行」が誕生。後に「さくら銀行」に改称。

      <2001年>
      さくら銀行と住友銀行が合併して、「三井住友銀行」が誕生。

      <2002年>
      三井住友フィナンシャルグループを設立。

      <2003年>
      負債を一掃するため、子会社のわかしお銀行が三井住友銀行を吸収合併。
      わかしお銀行が名称変更し、新「三井住友銀行」となる。

      「三井住友銀行」=「太陽神戸三井住友わかしお銀行」

      もうややこし過ぎて…文章で説明する気力がわきません。
      気になる方はネットで検索していただければと思います。

      とにかく、小説を遙かに上回る合併劇が実際に起きてしまった訳です。

      …余談ですが、小説連載当時「阪神銀行」は実在する行名でした。

      1999年、実在の阪神銀行は、経営破綻した「兵庫銀行」を救済合併。
      「みなと銀行」として生まれ変わることになります。

      2000年、みなと銀行は三井住友銀行グループの傘下に入ります。

      原作者の山崎豊子はつくづくタダモノではないと思いました。。。
      トイレトレーダー
      0
        木曜晩、自室にて。

        証券会社のネット取引画面を見ながら悩んでいた。

        明日売るべきか否か。

        売るなら指値で幾らを指定すべきか。

        皆目検討がつかない。

        そもそも経験ゼロの自分には、状況すら飲み込めていなかった。

        ただ・・・この機会を逃していいものか。

        ここまで我慢してきたのだから・・・。

        欲に駆られた素人投資家は

        根拠もなく上値を期待し、当日終値+23で売り注文を出すに至る。

        深く考えるのを辞め…翌日の仕事に備えて寝ることにした。

        ---------------------------------------------------------------------

        さて新年明けましたが…(おそっ!

        記念すべき2007年最初の日記は、気持ち悪いプロローグからスタート☆

        年末からの出来事はすっ飛ばして、先日のプチ株バトルを報告します!

        ---------------------------------------------------------------------

        …とある海運K社の株に手を出したのは9月末の事。

        前からネット証券会社に口座を開いていたものの
        実際の取引は、その時が初めて。

        正直、ど素人には危険すぎる銘柄だったと思います。

        地味な東証二部銘柄。
        海運業界そのものが斜陽ムードの中、減収減益で業績は最悪。
        株価は順調に…下がりまくっていました。

        「何となく、海が好きだから、船が好きだから」

        アホ丸出し。自分が大好きなフィーリング勝負。
        チャートの読み方も知らないのに、この辺りが底値だろうと判断。
        大した額ではなかったので、気楽に買い注文を出しました。

        その後しばらく株価を毎日チェックしていましたが、

        もう・・・下がる下がる。

        悪いニュースが続いて、一時は買値から24%も下落。

        本当は「損切り」といって、大損する前に一定のラインで手放すのが
        株式投資の常道。パチスロで言えば、「この台はもう出ないな」と諦めて
        次の台に移るようなイメージです。

        でも、初めての取引で負けたくないという思いや
        傾きかけている会社を応援したいという気持ちもあって
        手放すタイミングを逃しました。

        他に運用していた投資信託が割と好調だったこともあり
        株のことは諦めて長い間放置していたのです。

        それが・・・水曜の昼休み。

        何気なく携帯で株価をチェックしてみると…あれ??

        K社株がストップ高に!!!(※値幅制限一杯まで株価が急上昇)

        前回チェックした時から比べて35%UP。
        負け分を取り戻してプラスに転じていました(>_<)

        家に帰ってから調べてみると、原油安で海運銘柄が全面的に上昇し、
        K社の親会社の株価も大きく動いていることがわかりました。

        しかし、裏で「仕手筋」が動いているのでは、との見方も。
        仕手筋とは、特定銘柄を集中的に購入して株価を操作し
        群がった素人を食い物にして利ざやを稼ぐ機関投資家や大金持ちの事。
        安値で推移していたK社株が目を付けられたのかもしれません。

        仕手筋の仕業なら、上昇後は急激な下げが待っています。

        わからん…全くわからん。とにかく翌日の動きを見て考えることにしよう。

        そして木曜の昼休み。

        携帯で株価をチェックすると・・・前日から更に35%の急伸!!!
        自分の購入時の株価と比べて55%UP。
        ログインIDやパスワード、携帯から取引する準備をしていなかった事を
        激しく後悔しました。。。

        明日は下がる。そんな予感がしたからです。

        その日の晩、冒頭に書いたように悩みましたが結局
        前日の取引時間中の最高値より少し下のラインまで上がってくれれば…と
        望みをかけて、高値で売り注文を出すことに。

        …全く株取引の経験が無い方の為に説明すると…

        株式市場が開いているのは平日午前9時〜午後3時ですが
        証券会社を通じて取引時間外に注文を入れることもできます。
        注文形式には、「指値注文」と「成行注文」があります。
        意味は字の通り。値段を指定するか、成り行きに任せるかの違い。
        午後3時以降に集まった売り注文・買い注文をもとに、
        翌日午前9時に始値(寄値)が決まるわけです。

        指値の場合、指定した値段と一致しなければ注文は執行されません。
        つまり予想が外れると、買い時・売り時を逃すことに。。。

        金曜。初めて訪れた駆け引きの機会にワクワクドキドキ。
        仕事中なのに、寄り付き後の株価を気にするダメっぷり。

        10時過ぎ、トイレに立った際こっそりと。

        ダメだ・・・下がってる。

        前日までの勢いは無く、下げの展開。
        こっちの指値で成立する可能性はゼロに近くなっていました。

        携帯からログインして一瞬の判断。
        一度注文を取り消して、指値を下げて再注文。
        …それでも成立するかどうか微妙なラインでしたが、
        中途半端に売っても意味がないと思いました。

        昼休み、株価は更に下げていましたが・・・

        なんと注文成立!!!

        初めてのデイトレ…もといトイレトレード成功。

        結果・・・K社株を買値21%UPで売り抜けられました。
        ラッキーな株価急騰にあやかることができて満足♪

        まあ、下げ幅は思ったより少なかったように感じたので
        週明けからまだまだ伸びる余地があるかもしれません。
        そこまで考えたら、これが最良の判断だったとも言い難い…。

        少しずつファンダメンタルズやテクニカルも勉強したいと思います。
        RMT
        0
          …まずは近況から。

          大学時代の先輩I氏と飲みに行くため

          水曜の業後、そのまま新快速に飛び乗って

          …京都に行ってました。

          あんな話やこんな話で盛り上がり、久々にスカッと飲むことができました♪
          (Iさん、ホンマありがとうございました!)

          それにしても…ちょっと飲みに京都まで、って。

          二時間かけて京都駅。
          駅前の飲み屋で三時間。
          帰りの電車で二時間。

          京都まで行っておきながら、紅葉も見ずにとんぼ返り。
          でも学生時代並にアホなスケジュールを組めたことに満足してます☆
          楽しかった!!

          ---------------------------------------------------------------------

          ・RMT(リアルマネートレード)とは…

          ゲーム上のアイテムデータ等を現実通貨で取引する行為のこと。
          一部では、オンラインRPGゲームで得た武器やキャラクターを
          現実世界のお金で売買することが当たり前のように行われています。

          詳しい人にとっては、何を今更という話かもしれませんが
          コンピュータエンターテイメント協会(CESA)の調査によれば
          我が国におけるRMTの認知率は5%に満たないとのこと。

          ※ちなみに同様の調査で、韓国は80%を超えています。
          まあ、向こうは国策としてオンラインゲーム産業を推進しているので
          普及率からして世界的にはレアケースかもしれませんが。

          しかしながら、日本でも一握りのプレイヤーが異常なプレイ時間を費やして
          ネットゲームで莫大な利益を上げている事は確かなようです。

          …かなり前の日経でRMTの記事が組まれていて、
          近々日本で発売予定の「セカンドライフ」という
          オンラインゲームが取り上げられていました。

          「セカンドライフ」はアメリカで生まれた3D仮想空間体験ゲーム。
          非常に自由度が高く、広大な仮想世界を動き回って探検したり、
          自分でモノを作って売買したり、といった遊びが楽しめるそうです。

          …何より、このゲームの凄いところは
          ゲーム内の通貨(リンデンドル)をUS$に換金できるというシステム。

          多くのオンラインゲームでは、RMTはゲームの趣旨を逸脱した行為で、
          ゲームバランスを崩す恐れがあるということで、運営会社は表向き禁止という姿勢を取ってきました。

          ところが、「セカンドライフ」では両替サービスまで用意して
          RMTそのものをゲームシステムとして取り込んでしまっています。

          ゲーム上で所有する品物や土地・建物の売買がビジネスとして成立し
          それら消費活動による年間取引額は、実に1億3000万ドル(約155億円)
          既に、現実世界の年収を大きく上回っているプレイヤーも居るとか。

          金になるとわかれば、大手企業も動きます。
          トヨタ、日産、ソニー、アディダス、ナイキ、リーボック…
          続々と仮想世界に出店して新製品を販売し、
          宣伝やマーケティングリサーチに利用しているようです。
          (詳しくはこちら−Garbagenews.com)

          ざっと記事を読むだけではどんなモノか想像が付きませんが
          実業家が新ビジネスをゲーム内で立ち上げたり、有名アーティストが
          ゲーム内で新曲ライブを行ったり、もう何でもアリな世界みたいです。

          ・・・

          ここまで宣伝みたいになって嫌なんですが、別に「セカンドライフ」を
          勧めているわけでもなく、RMTの善悪を問う気もありません。

          ただ…箱庭を越えて、本気で仮想と現実の貨幣経済がリンクするならば
          結局その境界線って何なんだろうという考えが沸々と。。。

          ゲームはゲーム、バーチャルはバーチャル、なんて言い切れるんかなー。

          現実でも形の見えない取引は当たり前のように行われ

          現実経済そのものが、ゲーム感覚で動いているのに。

          今まさに自分がやっている仕事では、ボタン一つで億単位の金が動きます。

          もちろん、そこに至るまでには様々な人間の交渉や権限が介在して、
          自分は機械的な作業を請け負っているに過ぎませんが、
          でも実際にお金を動かしている(様な気がする)のは自分自身。

          お金を動かすといっても、ただ機械上の数字データが移って
          伝票に印字されるだけ。そのお金も、現物で引き出される事は無く
          他の決済で、また違うところに移っていきます。

          現物は手元に無く、何がお金があるという事実を支えているかと言えば
          証書とオンライン端末の記録のみ。単なる取り決めに過ぎません。

          本当にゲーム感覚。

          末端の自分でさえ感じるくらいなので、上流の人間は
          もっと感覚が麻痺してそうな気がします。

          デイトレだのTOBだの、株取引はその最たる例かもしれません。

          そんなオンライン決済や株取引ですら、最近始まったことではなく
          昔から世界中で当たり前のように行われてきたこと。

          ただ、自分が知らなかっただけ。

          それを肌身で感じてしまったおかげで、仮想と現実の境界線が
          今まで以上にわからなくなってきています。

          本場韓国では、RMT規制法案が議論されているそうですが
          他国、日本では今後どのような広がりを見せるのか。

          影響を過小評価して、このまま放っておけば…

          いつか仮想世界が独自の経済圏を確立する日がやってくるかもしれません。

          ---------------------------------------------------------------------
          ・「セカンドライフとは?」(株式会社メタバーズHP)
          ・「RMT」に関するYahoo!記事一覧
          ファイトォ!!
          0
            いっぱあぁぁぁぁぁ・・・・・って、あれ?

            ※動画・音量注意



            ありがとう、大正製薬。

            本日は、プチ投資ネタ。

            利確のための売り注文が多かったようで、日経平均は前日比101円安。
            それでも、1万6千円台を維持できるような状況が続けばいいのかなーと。

            日経連動の某インデックスファンドに手を出したのは5月中旬頃。
            その後1万4千円台まで落ち込んで…見事に投資元本割れ。。。

            遊びの少額投資でも、ギャンブルに負けるのは気持ち良くない!!

            そう思って塩漬けしていたのが、このたび株価上昇でプラスに転じました♪

            途中、買い増しのタイミングかなと悩みつつも購入に踏み切れず。
            先日の日経紙にも載っていましたが、ドルコスト平均法を使って
            地道に一定額を買い続けた方が良いのかもしれません。
            自分スタイル
            0
              村上Fに対し阪神電鉄が対決姿勢を強める今日この頃
              GW連休最終日。 皆様、如何お過ごしでしょーか。

              思ったほど、連休の有り難みを感じなかったような。
              家族の入院やら何やらで、あんまり気も休まらず。

              今朝方なんか、酷い悪夢にうなされました。

              気付かぬ内にストレスが溜まっているのかもしれません…おそろしや…
              昨日、職場のイベントで体を動かして発散できたと思っていたのにー

              夢には、記憶を整理整頓する効果があるとか。
              たまには悪い夢を見た方がええんかな〜(*´ー`)
              ---------------------------------------------------------------------

               学生の多くが苦手とするのが面接だ。
               就職指導の専門家によれば効果の高い準備法があるという。

               アルバイトだ。

               ただしファストフード店など若者ばかりが集まる気軽な職場では駄目。
               年齢の離れた大人の社員に交じり、怒られながら働くと
               「短期間でも驚くほど顔つきが変わる」そうだ。

                                5月7日付け日経コラム「春秋」より

              「ヘェーヘェーヘェー」

              なるほど、当たり前と言えば当たり前のことかもしれへんけど
              就職後のことまで考えると、アルバイト効果は如何ほどのモノだろう。

              自分自身の事を思い返してみれば…

              正直、今の仕事より大学時代やっていたバイトの研修の方が辛かった…。
              長期の契約社員という形で働く仕事を二つやっていましたが
              ヘマして何度も怒鳴られて、さすがに凹むこともありました。
              顔つきが変わるほどのモノだったかどうかは怪しい所ですが、
              「学生と社会人は全く違う」ということを身を以て思い知らされたのです。

              確かに、アルバイトでしんどい経験を積んでおいて損はない。

              でも、感覚がどうとか精神力がどうだとか抽象的なものでなく、
              ズバリ仕事で活かせる能力を得られたかというと、それも怪しい。
              そもそもそんなことを期待してアルバイトする事自体間違っているのかも
              しれへんけど、やはり思った以上に活かせる場面は少ない。

              ・・・というより、今は

              枠にはめようはめようと「自分」を殺している気がするのです。

              まあ「郷に入れば郷に従え」という諺もありますし、
              周りの空気に合わせて、作法を習うのは大切なことです。
              ただ…何もかもリセットして、中途半端なモノマネをしているようでは
              それなりに見込んで採用してくれた(ハズの)面接官に申し訳ない。
              きっと、これまでに培った経験で活かせる部分はもっとあるはず。
              就活期の方が、よほど素直にアピールできていました。

              要は、これまでのスタイルを犠牲にしてまで合わせるべきか。
              無理に変えるのは大変だし、そりゃーストレスが溜まって仕方ない。

              社会に出て「まだ一ヶ月」と取るか、「早一ヶ月」と取るか。

              何にせよ自分なりのスタイルを確立できないようでは、この先が思いやられます。
              叱られることを恐れず、もっと無茶するべきかな・・・
              お願いだから
              0
                外貨を買わないで・・・

                事務処理が恐ろしく煩雑なんです。

                連休中に海外へ行こうとしている人を
                恨めしい目で見てしまいそう^^;

                なお、本当に海外に行かれる方は

                偽造100ドル紙幣に要注意。

                恐ろしく精巧な偽札が出回っているようです。
                ホンモノより良く出来ていると言われるぐらい
                プロでも鑑定が難しい代物です。

                なんでも、某国が国家ぐるみで作っているとか・・・

                カリオストロ公国もビックリですね。
                よいことわるいこと
                0
                  昔サークルをやめた後輩からメールが入り、
                  飲みに行きましょーよと誘ってくれました。

                  もう繋がり切れてもたかなーと思っていたのに
                  このタイミングで連絡くれるとは…本当に嬉しかったです。
                  暗くなっていた気分をすっ飛ばしてくれました!

                  ああ、人の力って大きいなあ としみじみ

                  昨夜、富山に戻りました。

                  気を取り直してD文(サークル)の追いコンへ

                  残念なのは、とある先輩の送別会とかぶっていること…
                  予定が詰まっていて、三月末までは調整が難しそうです…orz

                  ---------------------------------------------------------------------

                  続いて本日のニュースより

                  「日経社員、インサイダー取引」

                  まあ…この社員以外にも隠れてやってそうな雰囲気。
                  本人がやらずとも、知り合いに情報提供して取引させれば
                  目立った動きで無い限り、わからなさそう。

                  先の「ガーラ」の案件で、初の納付命令が下ったようですが
                  証取法改正で課徴金制度が導入されていたんですね…知らんかった。

                  少額取引でも、あぶく銭は、そっくり没収されるという訳です。

                  やり得になっている独禁法の制度と比べればマシかもしれません。
                  似たような制度ですが、[違反で得た利益>課徴金]となっているため
                  捕まるリスクを犯してでも談合やっちゃった方が儲かる、というのが現状。

                  そういや横●ブリ●ジ、就活で受けようとしてたなあ・・・

                  今や橋梁談合ですっかりダーティーなイメージ付いちゃってますが
                  当時は、目立たない優良企業としてイケてる選択だと思ってました。

                  あーそれはともかく、インサイダー取引。
                  情報がカネになる時代は怖いと思いつつ、

                  随分、敷居が下がってきたものだなあ としみじみ

                  持株会やストックオプションを導入している企業は多いので
                  その辺の教育を徹底してくれなければ足元をすくわれそうです。

                  IT企業の「ガーラ」ですが・・・
                  昔は、こんなこともやってましたね。
                  尊敬する人物
                  0
                    今日昼、テレ朝系で放送していた・・・

                    ドラえもん『誕生物語』 〜藤子・F・不二雄からの手紙〜

                    見ていて、何度も涙が込み上げてきました。。。

                    自分の成長過程に最も影響を与えたのは、藤子F氏の作品です。
                    もう十年前の事になりますが、F氏逝去のニュースは今でもはっきりと…

                    特に、大長編映画ドラえもんは大好きで、
                    ビデオは「銀河超特急」まで全巻自宅に揃っています。

                     インディージョーンズとタメを張れる大魔境。
                     トラウマの種になる海底鬼岩城、魔界大冒険。
                     本家スターウォーズより、リトルスターウォーズ。
                     今やってるドラマ西遊記、パラレル西遊記には敵いません。

                    小さい頃、台詞を暗記できるほど繰り返し見ていました。

                    ドラえもんは、決して空想ばかりならべて甘やかしている訳ではなく
                    至る所にシビアな考え・深い理論、後A級ギャグが散りばめられています。

                    またSF短編集は有名ですが、児童向けのドラえもんでも例外なく
                    F氏のダークな一面を垣間見ることができます。独裁者スイッチとか。
                    恐ろしさ相まって、教訓話としての効果は抜群かもしれません。

                    心から尊敬する、藤子・F・不二雄氏が生まれ育ったのは富山県高岡市

                    進学を考える以前から富山=F氏の生地ということは知っていて
                    漫画で蜃気楼や雪景色の登場が多いのも、故郷の風景によるものかな…と
                    想像を膨らませていました、が、これほど富山に縁を持つ事になるとは。

                    なんだかんだで、素晴らしいところやと思います。
                    憧れを抱いて北陸にやってきた自分は間違っていなかったー

                    高岡からスタートしたドラえもん展もちゃっかりチェック。
                    ポスターを部屋に飾る趣味なんて無かったのですが、
                    ラッセンとドラえもんポスターだけは堂々と飾ってあります。

                    先日の色バトンでも書いたように、ボク自身は「のび太」です。
                    うーん・・・まだまだ「のび太」には勝てへんかな。そんな気も。

                    先生自身がのび太のモデルだったと仰っておられましたが
                    あのように高い理想と頑固さを維持できる人間になれるんだろうか。

                    数々の作品は、子どものみならず大人の鑑賞にも十分耐えうる傑作です。
                    むしろ…今になって気付く、違った一面を発見できるかもしれません。

                    急にドラえもんに会いたくなってきた。そんな一日でした。

                    おれ夕子幸運児 藤子F不二雄SF短編シアター[ビデオ]
                    おれ夕子幸運児 藤子F不二雄SF短編シアター[ビデオ]
                    はや一年
                    0


                      現内定先の説明会に参加したのは

                      一年と二日前のことでした。

                      本日、関係書類に署名捺印して郵送。
                      長いような、短いような、不思議な一年。

                      「開港秒読み、準備大詰め 神戸空港」(神戸新聞)

                      中部国際空港のセントレアに対して、こちらはマリンエア。
                      本来は、関空を神戸沖に持ってくる予定だったそうですが。

                      ちなみに我が地元では、神戸三宮が就活拠点。
                      この時期、リクルートスーツ姿の学生がやたら目立ちます。

                      実は…その三宮駅前にもカウントダウン掲示板が設置されていて
                      立ち寄った際に「365日」と表示されていたのを覚えています。

                      神戸から100km近く離れた所に実家があるため
                      空港そのものには、あまり関心を持っていませんが

                      ニュースを見て、思わず感傷に浸ってしまいました。

                      まあ…四月からは、

                      感傷も感慨もぶっ飛ぶような激務が待っているはずですが。

                      そういや大学はいつ卒業証明くれるんやろか。
                      これで、卒業要件の計算ミスがあったりしたら笑えます。ドンマイ。

                      就職が待ち遠しいような、やり残した事が沢山あるような。
                      もし中途半端な締め括りになるぐらいなら、あるいは…
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.